フジ“打倒ミヤネ屋”のカギは安藤優子のオバちゃん化? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

フジ“打倒ミヤネ屋”のカギは安藤優子のオバちゃん化?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
「ミヤネ屋」の宮根誠司 (c)朝日新聞社 

「ミヤネ屋」の宮根誠司 (c)朝日新聞社 

※イメージ

※イメージ

 この春の番組改編で、年間視聴率3位に沈むフジテレビが仕掛けている。社運を賭けて切り崩しを狙うのは、昨年の年間視聴率三冠王である日本テレビの「情報ライブ ミヤネ屋」(午後1時55分~)だ。

 フジが今回、最も力を入れたのが“曰く付き”とされる午後の時間帯の変革だ。2012年からの「知りたがり!」は1年で終了、13年からの「アゲるテレビ」も半年で打ち切りと、情報番組は苦戦から抜け出せずにいる。起死回生を狙ったのが、15年も報道番組「スーパーニュース」のメインキャスターとして君臨した“女王”安藤優子と、バラエティー「トリビアの泉」でMC経験がある俳優の高橋克実を情報番組「直撃LIVE グッディ!」(午後1時55分~)の進行役に起用したこと。終了後に続けて放送される報道番組「みんなのニュース」(午後3時50分~)と合わせた5時間を生放送に切り替えた。その背景には、独走状態の「ミヤネ屋」の存在があった。

「ミヤネ屋」は近年、午後の時間帯では唯一の生放送枠として、注目を集めた記者会見や事件を独占して報じてきた。その高視聴率番組にフジが果敢にも挑んだ、まさに「社運を賭けた勝負」なのだ。フジ社員が解説する。

「上層部は『グッディ!』では特に芸能ネタの強化をはかり、『ミヤネ屋』に対抗しろと指示している。『ここで勝てないとフジは勝てない』とまで言われています。視聴率を上げて、その後のゴールデン番組にも弾みをつけたいと考えているのです」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい