広島・黒田博樹が“捨てる必要のある”ものとは? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

広島・黒田博樹が“捨てる必要のある”ものとは?

連載「ときどきビーンボール」

週刊朝日#東尾修
投球練習をする広島・黒田投手 (c)朝日新聞社 

投球練習をする広島・黒田投手 (c)朝日新聞社 

 メジャーから日本球界へ復帰した黒田博樹投手。西武ライオンズ元監督の東尾修氏は、その実力に感心したという。

*  *  *
 広島の黒田博樹はどうなのか。2月25日のフリー打撃での登板を映像で見たが、さすがメジャーで一線級という部分がたくさんあった。日本のマウンドにも非常にいい形で対応できると思うよ。

 その理由は、下半身をしっかりと沈み込ませるように粘って捕手方向へと体重移動ができていることだ。これなら左足を柔らかく使えるよ。メジャーのマウンドと土質が異なる日本のマウンドは、踏み出した左足の着地が5センチ前後ずれる。ずれても、必ずピタッとくる場所があり、そのときまでしっかりと移動を粘れる。もし、左足が上からバタッとつくと、左足を柔らかく使えないから、ズルッと動いたときに前後左右へのブレが出てしまう。

 ソフトバンクの松坂大輔もそうだが、7年、8年とメジャーのマウンドに慣れた投手にとって、日本のマウンドにどう適応するかは大きな課題となる。ある程度クリアできないと、自分のボールが投げられない。シーズン中も試行錯誤を続ける必要はあるが、足元への不安が続けば、打者への対策と同時並行で修正を進めなければならない。

 沖縄のマウンドはまた、砂に近い部分もある。この時点でしっかりと、左足の着地からスムーズに動いているのなら、本拠地球場に戻れば、もっとガチッと止まってくれる。オープン戦で手応えを得られれば、黒田は次の作業へと入れる。

 黒田の場合、ポイントとなるのは、ストライクゾーンの中で勝負するメジャー時代のスタイルをどう考えるかということだろう。メジャーの打者は自分の形を崩さず、力を入れて振る。だから、速くて鋭い変化をさせた場合、バットの芯をずらして凡打に打ち取れる。だが、日本の打者は違う。形は少々崩れても芯に当てる技術がある。最初から「まともな速球が来ない」と判断すれば、打者も対処の仕方が広がる。ストライクからストライクの球は日本の打者はしっかりと対応してくるよ。よりフォーシーム(通常の直球)を投げ、ツーシームやカットボールと織り交ぜていくことも必要になるだろう。

 ボール球の使い方もある。メジャーでは100球という球数の中で、どれだけ長いイニングを投げるかが先発として求められた。多少の失点よりも、クオリティースタート(6回以上自責点3以内)が評価されるのがメジャーだ。だが、日本は違う。降板時に勝っている状態でバトンを渡すことが重要。自軍が0点なら0点に抑える必要がある。「2、3点は仕方がない」との割り切った考えは、黒田も捨てる必要がある。ボール球をどう使って、球数を多少かけても抑えていくか。頭の中の変革は不可欠だ。

 すでに広島は開幕3戦目の3月29日の日曜日、ヤクルト戦に黒田を先発させる方針だと報道されている。日曜日はほとんどがデーゲーム。昼間の試合は明るいから、ボールのスピードが遅くなる感覚がある。だが、ナイターとデーゲームが交互に来るよりは、コンディションが作りやすい部分もある。日曜日はファンもたくさん来るだろうし、楽しみだな。

 マエケンが開幕投手、黒田が3戦目に入って確実に開幕カードを勝ち越すことができれば、いい形でスタートできる。緒方孝市新監督にとっても、計算できる黒田の存在は頼もしいかぎりだろう。

週刊朝日 2015年3月13日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい