「人質救出なんて無謀」との声も これだけ難しい自衛隊・人質奪還作戦

2015/02/11 07:00

 13日から始まる安全保障法制に関する与党協議では、邦人の救出も含めて自衛隊がどこまで海外で活動できるのか、どのような武器が使用できるのかが話し合われる。後藤健二さんの死をきっかけに、専守防衛を基本とする日本の防衛戦略が大きく変化しようとしている。

あわせて読みたい

  • 安保法制改革で自衛隊は「軍」に? 将来は戦死者も出る時代

    安保法制改革で自衛隊は「軍」に? 将来は戦死者も出る時代

    週刊朝日

    4/2

    沖縄で事故のヘリだけでなく、富士でも陸自特殊部隊と米軍が極秘訓練か

    沖縄で事故のヘリだけでなく、富士でも陸自特殊部隊と米軍が極秘訓練か

    週刊朝日

    8/27

  • すでに十数回の大統領暗殺を阻止…プーチンをイラつかせるイギリス特殊部隊「SAS」の仕事ぶり

    すでに十数回の大統領暗殺を阻止…プーチンをイラつかせるイギリス特殊部隊「SAS」の仕事ぶり

    プレジデントオンライン

    3/29

    安保法制後の「日米軍事一体化」計画を暴く

    安保法制後の「日米軍事一体化」計画を暴く

    週刊朝日

    8/27

  • 室井佑月「ゲップが出そうです」そのワケは?
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月「ゲップが出そうです」そのワケは?

    週刊朝日

    3/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す