【美意識ある生活】足首を締めつけにくい。ずれない。だから快適 「ラソックス」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【美意識ある生活】足首を締めつけにくい。ずれない。だから快適 「ラソックス」

このエントリーをはてなブックマークに追加
締めつけないのにずり落ちにくいやさしい履き心地の靴下くるぶし下までのスニーカーソックスは履いているうちに、かかとがずれてしまう場合があるが、ラソックスの「ショート丈」はそんな不快感が解消。ジョギングやウォーキング中の靴下のずり落ち・もたつきもほぼないので、スポーツにもおすすめ(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

締めつけないのにずり落ちにくいやさしい履き心地の靴下
くるぶし下までのスニーカーソックスは履いているうちに、かかとがずれてしまう場合があるが、ラソックスの「ショート丈」はそんな不快感が解消。ジョギングやウォーキング中の靴下のずり落ち・もたつきもほぼないので、スポーツにもおすすめ(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

デザインと素材の種類が豊富(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

デザインと素材の種類が豊富(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

最も足首が楽なリラックス(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

最も足首が楽なリラックス(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

 週刊朝日で好評連載中の「美意識ある生活」。生活品評論家の東海左由留(とうかい・さゆる)さんが厳選したひと品を紹介している。東海さんは日本とヨーロッパで「生活をより豊かに」をテーマに様々なアイテムやサービス、ライフスタイルを取材。自腹で購入し、時間をかけて使用感を検証している。

 今回は、ラソックスを紹介する。

【美意識ある生活 他の逸品はこちら】

*  *  *
■足首を締めつけにくい。ずれない。だから快適

 靴下を履いている時間は朝から晩までとかなり長い。その割にはあまりこだわらず、価格の安さで決めてしまいがちなアイテムだ。足首の締めつけがきつくても、ゴム痕がかゆくなっても、あるいは靴の中でもたついても、「靴下はそういうもの」とあきらめてはいないだろうか。

 こうした、靴下のちょっとしたイラつきを解消できるのが、ラソックス。写真を見ておわかりのとおり、足首の部分が直角の、L字形の靴下で、この「直角編み」があなどれない。履いてすぐわかるのは、爪先からかかとまで、足全体がふんわりとくるまれるフィット感。そのため靴下のズレやヨレがほとんどなく、一般的な靴下のように足首を締めつけなくても快適にフィットするというわけ。血流を阻害しないので、保温性も高く、冷えやむくみに悩む人にもおすすめだ。ちなみに、ラソックスの中で最も足首の締めつけが少ない「リラックス」は、人生の先輩たちに贈ると大好評だ。

<今日の逸品>
ラソックス 1足1200~2300円
(素材、デザイン、丈の長さで異なる。税別)
リラックス ストレッチ・コットン 1300円(税別)
問い合わせ先:ラソックスジャパン


■本商品は朝日新聞社の通信販売「朝日新聞SHOP」(http://shop.asahi.com)でもご注文いただけます。
フリーダイヤル 0120-013-193(年末年始をのぞく毎日9:00~19:00)
※ラソックスを注文する

週刊朝日 2015年2月20日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい