小栗旬「一度ドラマから離れようと思ってる」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小栗旬「一度ドラマから離れようと思ってる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#ドラマ
小栗旬 (c)朝日新聞社 

小栗旬 (c)朝日新聞社 

 イケメンであり、実力派俳優である小栗旬さん。作家・林真理子さんとの対談でこれからの俳優像を語った。

*  *  * 
林:それにしても、このあいだまで織田信長役(「信長協奏曲」)で主役をやってらしたと思ったら、また「ウロボロス~この愛こそ、正義。」が始まって。大活躍ですね。

小栗:去年から今年にかけては、たまたまドラマが続きましたね。

林:お芝居が続くときもあるんですか。

小栗:自分はやりたいんですけど、なかなか続けてはできないですね。でもこれが終わったら、一度ドラマから離れようかなと思ってますけどね。舞台や、大作じゃない映画をやりたいですね。

林:私、昔、小栗さんが「いま旬の男の小栗旬です」って記者会見のときに言ったの覚えてますよ(笑)。すごいですね、旬が途切れないというのは。

小栗:アハハハ、言ってましたね。

林:小栗さんって、名前が出始めたと思ったら突然売れっ子になったというイメージがあるんですが。

小栗:そうなんですかね。自分のなかではけっこう長かったんですけど。

林:私は「花より男子」が小栗さんの名前を知った最初だったような気がするんですけど、子役としても活躍してらしたんですね。

小栗:児童劇団に入ったのが11歳のころなんで、もう20年ぐらいたちます。

林:児童劇団には自分の意思で入ったんですか。お父さまにすすめられてとかではなく?

小栗:はい。父親には反対されました。「絶対続かないからやめろ」って。けっこうお金がかかるんで、「こんなに金かけても出られないんだからやめとけ」って言われたんですけど、「何年かだけやらせてほしい」と言って。

週刊朝日 2015年2月13日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい