昨年結婚の向井理「常に追われている状況で」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

昨年結婚の向井理「常に追われている状況で」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#結婚

 芸能界に入り、10周年の節目を迎える向井理。

「20代は、右も左も全くわからなかったけど、だんだん地に足が着いてきて。ようやくやりたいこと、できることがわかりそうな気がしますね」

 昨年4月までの約1年間、雑誌「AERA」で、同世代で活躍する各界のトップランナーと対談する連載のホスト役を務めた。作家の森見登美彦さんや、アーティストのスプツニ子!さんらと会い、刺激を受けた。

「日本を引っ張っていく人たちと話し、勇気づけられたし、自分も負けてらんないな、と」

 映画や舞台、ドラマの撮影で、休みは月に1回程度。趣味のサッカーも1年以上していない。

「常に追われている状況で。ここ何年かは気を抜ける休みはなかったんじゃないかな」

 昨年末には、女優の国仲涼子さんと電撃結婚し、話題に。今後描く未来について、「こういう人になりたいっていう目標はないんですけど、自分なりにプラスアルファをできる人になっていきたいですね」。淡々と、しかし、芯の強さを感じさせる眼差しで語った。

週刊朝日 2015年1月30日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい