睡眠薬使わず改善? 進む不眠症治療

健康

2014/12/16 11:30

 高齢者を中心に多くの人が悩みを抱える不眠症。東京都在住の佐藤和子さん(仮名・58歳)もそのひとりだった。睡眠薬を使った治療が一般的だが、長い期間飲み続けると薬の量が増えるなどの問題もある。しかし、今は認知行動療法を実施するなど、薬を使わない治療法が広まりつつある。佐藤さんを担当した、東京慈恵医科大学葛飾医療センター 精神神経科診療部長・准教授の山寺亘医師は、次のように説明する。

あわせて読みたい

  • 「睡眠薬はずっと飲み続けるものではない」不眠症治療の専門医が患者にそう伝える理由とは?

    「睡眠薬はずっと飲み続けるものではない」不眠症治療の専門医が患者にそう伝える理由とは?

    dot.

    2/18

    「隠れた依存」も 不眠症の睡眠薬の副作用

    「隠れた依存」も 不眠症の睡眠薬の副作用

    週刊朝日

    12/16

  • 睡眠薬より効く? 不眠症に「レコーディング快眠法」

    睡眠薬より効く? 不眠症に「レコーディング快眠法」

    週刊朝日

    6/29

    高齢者は“コレステロール値が高いほうがいい”は誤解?

    高齢者は“コレステロール値が高いほうがいい”は誤解?

    週刊朝日

    10/29

  • 長期使用で「不眠症」にも 市販「睡眠改善薬」に潜む危険性

    長期使用で「不眠症」にも 市販「睡眠改善薬」に潜む危険性

    週刊朝日

    11/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す