引退説も飛び交う小沢一郎の末路 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

引退説も飛び交う小沢一郎の末路

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#安倍政権
「党員の生活が第一」と、自ら身を引く? (c)朝日新聞社 

「党員の生活が第一」と、自ら身を引く? (c)朝日新聞社 

 自民党、民主党時代ともに政局を仕掛ける武闘派で鳴らした生活の党の小沢一郎代表(72)が引退の危機だ。

【速報!注目候補の当落まとめ】

 2012年7月、野田佳彦首相(当時)の掲げた消費増税に反発し、議員約50人を引き連れて民主党から集団離党。同年12月の総選挙では滋賀県知事だった嘉田由紀子氏を口説き落として「卒原発」を旗印に戦ったが、わずか9議席と惨敗に終わった。嘉田氏と“成田離婚”するなどゴタゴタ続きで、めっきり影響力が落ち、代表会見に足を運ぶ記者の姿もまばらになった。

 そんな中で降って湧いた解散話。2年前のリベンジといきたいものの、状況は極めて厳しい。ある野党幹部が語る。

「小沢氏の存在感はすっかり薄くなっている。解散が濃厚になってから、野党間で『何とかまとまって、比例だけでも統一名簿にしよう』と協議しているが、民主党と維新の党の話が中心。候補者も少なくカネもない生活の党は、蚊帳の外に置かれている」

 盛り返しどころか、このままでは党が消滅しかねないとの厳しい予測もある。そんな中、党内では以前から、起死回生のこんな構想が練られているという。

「生活の党のメンバーが民主党に復帰する計画です。今回の選挙では民主党が議席を回復する可能性が高く、復帰したメンバーの多くが比例で救われる形になる。ただ、民主党内には小沢さんへのアレルギーも根強く、『小沢さんが無所属になるか、引退するなら子分を引き取ってもいい』という意見もある。小沢さんは引退に追い込まれるかも、と心配しています」(生活の党関係者)

 しかし、小沢事務所関係者によれば、すでに秘書が地元の岩手に入り選挙の準備を進めているという。

 追い詰められた剛腕の決断はいかに……。

週刊朝日 2014年11月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい