マンションの「認知症トラブル」 防止策に独自の「居住者台帳」整備も

介護を考える

2014/11/10 07:00

 分譲マンションの老朽化とともに、居住者の高齢化も進行している。国土交通省が5年ごとに実施している「マンション総合調査」によると、世帯主の高齢化率は年々上がっていて、2013年度は60歳代以上の割合が全体の半数を超えた。前回に比べて1割ほど上昇、14年前に比べて約2倍になっている。

あわせて読みたい

  • 「管理人が家のものを盗む」 管理組合悩ます「認知症トラブル」とは?

    「管理人が家のものを盗む」 管理組合悩ます「認知症トラブル」とは?

    週刊朝日

    11/10

    ジュース自販機で管理費年40万円増収 老朽化の危機に立ち向かったマンション

    ジュース自販機で管理費年40万円増収 老朽化の危機に立ち向かったマンション

    AERA

    5/25

  • 他人事ではないマンション管理問題 建物と住人の「2つの老い」と「無関心」

    他人事ではないマンション管理問題 建物と住人の「2つの老い」と「無関心」

    AERA

    5/23

    被害2億円も!修繕積立金トラブルの実際 悪質コンサルに巻き上げられる

    被害2億円も!修繕積立金トラブルの実際 悪質コンサルに巻き上げられる

    AERA

    5/22

  • タワマン大規模修繕は難しい 低層の商業施設と上層の住宅部で反目

    タワマン大規模修繕は難しい 低層の商業施設と上層の住宅部で反目

    AERA

    8/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す