夫婦は家族ではなく「奴隷」? 脚本家夫婦・木皿泉の夫婦観 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

夫婦は家族ではなく「奴隷」? 脚本家夫婦・木皿泉の夫婦観

このエントリーをはてなブックマークに追加
脚本家・木皿泉である和泉勉さん(左)と妻鹿年季子さん(右)夫妻(撮影/写真部・大嶋千尋)

脚本家・木皿泉である和泉勉さん(左)と妻鹿年季子さん(右)夫妻(撮影/写真部・大嶋千尋)

「やっぱり猫が好き」の原稿料で和泉さんが妻鹿さんにプレゼントした骨董のお皿(撮影/写真部・大嶋千尋)

「やっぱり猫が好き」の原稿料で和泉さんが妻鹿さんにプレゼントした骨董のお皿(撮影/写真部・大嶋千尋)

夫「でもね、退院するまでわからなかったですよ。本当の深刻さは」

 夫は左半身に麻痺が残り、当初は車いすにまっすぐ座ることもできなかった。それでも半年間のリハビリを経て、自宅療養が始まる。

妻「ちょうど『野ブタ。をプロデュース』の仕事が始まったとき。トムちゃんは自分が何もできないことにすごく矛盾を抱えて、それでけいれんを起こして、救急車で運ばれたりしたね」

夫「この人を解放してあげたい、介護から自由にさせてあげたい。それを突き詰めていくと結局、パートナーとしての解消を考えなければならないという矛盾ですよ。サルトルで言うと『出口なし』。俺は『袋小路』って名付けてるけど」

妻「アハハ、どっちでもいいよ。この人、『夫婦は家族ではない』って言い張るんですよ。じゃあ何?って聞いたら『奴隷』って(笑)」

夫「そういうことになってしまうやん。それがいややねん。世話になっているということをずっと抱えてるから、自分に頭くる」

妻「でもすごい受け入れてるよ、トムちゃんは。偉いと思うよ」

夫「でもやっぱり自分の自由がきかないのは……」

妻「うん、いやだよね、やっぱり」

 夫の状態に改善の兆しが見えてくると、今度は妻の番だった。

妻「なんとか『野ブタ。』も無事終わって、DVDが5万セットも売れたんですよ。次の『セクシーボイスアンドロボ』もすごく期待されて。ちょうど倒れてから3年で、この人もだいぶよくなってきてた。でもね、そしたら今度は私がうつ病になって、涙がとまんなくなっちゃった」

夫「突っ張ってたものがポキッと折れたんやな」

妻「散歩に行ってタンポポが踏みつぶされるのを見て『私のせいだ~!』って泣くんですよ。因果関係がバラバラになってて。完全にうつ病です。幸い薬を飲んだら劇的に効いたんですけど、時々ぶわっとくる。泣くと体力がいるから、書けなくなっちゃう。ちょっと収まるまで待とう、みたいにして、でも最終的に『セクロボ』終わらせたもんね。トムちゃんもアイデアいっぱい出してくれたし、それまでショートステイなんて行ったことなかったのに1カ月くらい行ってくれて。それでその後の『Q10』も書けたんです」

週刊朝日  2014年10月10日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい