別れても男親も子育てしたい 民法改正しても変わらぬ裁判所

出産と子育て

2014/09/20 11:30

 危機を迎えながらも、子はかすがいと何とか続いていた結婚生活がある日、突然、終わりを告げる。妻が予告もなく子どもを連れて家からいなくなり、茫然自失の状態で取り残される夫が最近、増えている。面会交流調停(別居する親が子どもとの面会を求めて裁判所立ち会いの下、話し合い合意を目ざすこと)を起こし、わが子と会おうとしても、さらに法の壁が立ちはだかるという。

あわせて読みたい

  • 「連れ去り」容認する司法に現役副市長が実名で告発

    「連れ去り」容認する司法に現役副市長が実名で告発

    AERA

    10/25

    「離婚後も子育ては2人で」シンママの声 共同親権・養育の行方は

    「離婚後も子育ては2人で」シンママの声 共同親権・養育の行方は

    dot.

    2/22

  • 共同親権になっても別居親は「子どもに会えない」? 共同養育ができる親の“資質”とは

    共同親権になっても別居親は「子どもに会えない」? 共同養育ができる親の“資質”とは

    dot.

    12/27

    福原愛の離婚で注目された「共同親権」は日本でも可能なのか 台湾の弁護士が語る「日本との違い」

    福原愛の離婚で注目された「共同親権」は日本でも可能なのか 台湾の弁護士が語る「日本との違い」

    dot.

    7/23

  • 親による「子の連れ去り」が集団訴訟に発展 海外からは“虐待”と非難される実態とは

    親による「子の連れ去り」が集団訴訟に発展 海外からは“虐待”と非難される実態とは

    dot.

    8/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す