撫牛に舐め猫 「おくのほそ道」ゆかりの地で見つけた芭蕉猫 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

撫牛に舐め猫 「おくのほそ道」ゆかりの地で見つけた芭蕉猫

このエントリーをはてなブックマークに追加
(c)撮影/岩合光昭

(c)撮影/岩合光昭

 動物写真家の岩合光昭さんの、日本全国47都道府県の猫たちを訪ねる旅。今回は、三重県の「芭蕉猫」。

*  *  *
 撫でると病気が治ると言われる「撫牛(なでうし)」のそばには、毛繕い中の「舐め猫」がいる。

 実はこの神社、連載(猫の細道)の原点とも言える場所なのです。

 上野天神宮と呼ばれる菅原神社は、「おくのほそ道」で知られる俳人・松尾芭蕉ゆかりの地。

 俳諧で身を立てることを決意した芭蕉は29歳の時、この神社に最初の句集、「貝おほひ」を奉納した。

 ここから、日本全国津々浦々、猫の旅に出発しませんか。

【関連リンク】
デジタル岩合 http://www.digitaliwago.com/

週刊朝日  2014年9月19日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい