まず太っている人は減量を 女性の「足のむくみ」解消法 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

まず太っている人は減量を 女性の「足のむくみ」解消法

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#健康

 夕方、足がパンパンに腫れて靴がきつくなる、靴下を脱ぐとゴムの痕がしっかり残っている――。足の“むくみ”に悩む女性たちによると、夏は特にひどくなりやすいという。今すぐ始めたい対策を専門家に聞いた。

 日本静脈学会名誉会長で、福島第一病院(福島市)理事長の星野俊一医師のいる病院では週1回「フットケア外来」を開き、むくみに対する生活改善や対策などについて指導する。患者の半数以上はリンパ浮腫の患者だが、慢性静脈不全で悩んでいる女性も来院する。この外来で患者を指導する看護師(日本静脈学会認定の弾性ストッキング・コンダクター)の鈴木静江さんが言う。

「まず太っている方には減量をお願いします。あとはセルフケアによる体操とマッサージを教えて、自宅で実践してもらう。外来では体重のほか、足の太さも測ってむくみの改善度をみています。体操とマッサージを続けるとむくみにくくなるせいか、足が細くなっていきます」

 鈴木さんが患者に指導している体操は10種類ほど。簡単にできるものを2種類、教えてもらった。足首を時計回りと反時計回りに回す体操と、つま先を上げたりかかとを上げたりする体操だ。ふくらはぎの筋肉ポンプが働き、静脈の血行を促すもの。この2種類を5分ぐらい続けるとよいそうだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい