大沢樹生「ストーカー規制法のある、いまのアイドルがうらやましい」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大沢樹生「ストーカー規制法のある、いまのアイドルがうらやましい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
(※イメージ)

(※イメージ)

大沢:いまでいうストーカーですよね。ストーカー規制法のある、いまのアイドルがうらやましいです。

林:そういうことがあると、女の人のこと嫌いになっちゃったりしそうですが。

大沢:えーと……(苦笑しながら)、私、お盛んだったと思われがちなんですけど、こう見えても女性関係は人並みです。

林:まあ、モテたのはいわずもがなでしょうけど(笑)。光GENJIをやめようと思った理由の一つに、俳優としてなんの基礎もない自分がドラマの主役で、キャリアも実力もある人が脇役であることに、矛盾やコンプレックスを感じたことを挙げられていましたが。

大沢:そうですね。カッコ悪いなと思ってました。

林:人気絶頂のときにそう感じることができるって、すごいですね。テングになっちゃうのがふつうだと思いますが。

大沢:私の場合、事務所に入ってから光GENJIまでに6年ぐらいあるんです。最初は“イーグルス”というグループでデビューしたんですけど、まったく売れなくて。そこで自分なりに挫折をしてるんです。だから光GENJIで人気が出ても、まったく浮つき感はなかったですね。

週刊朝日  2014年5月30日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい