アンジーの主治医 日本の乳がん事情に「ショック」

がん

2014/04/07 11:30

 昨年5月、米女優のアンジェリーナ・ジョリーさん(38)が遺伝性乳がんの発症予防のために乳房切除と再建手術を受けたと告白した。手術を担当したクリスティ・ファンク医師(44)が、理化学研究所が主催するシンポジウムのため、来日。講演後に本誌のインタビューに応じた。

あわせて読みたい

  • 小林麻央さんが否定した「遺伝性乳がん」とは? 発症リスク10倍、父娘遺伝も…

    小林麻央さんが否定した「遺伝性乳がん」とは? 発症リスク10倍、父娘遺伝も…

    dot.

    6/24

    がん予防としての「卵巣切除」 メリットとデメリット

    がん予防としての「卵巣切除」 メリットとデメリット

    AERA

    7/19

  • アンジーの乳房切除は見習うべきか?

    アンジーの乳房切除は見習うべきか?

    週刊朝日

    5/30

    アンジェリーナ・ジョリーがきっかけで知られた「乳がん」の正しい知識

    アンジェリーナ・ジョリーがきっかけで知られた「乳がん」の正しい知識

    週刊朝日

    12/16

  • アンジェリーナ・ジョリーの乳房切除で需要増 遺伝カウンセラー

    アンジェリーナ・ジョリーの乳房切除で需要増 遺伝カウンセラー

    週刊朝日

    9/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す