北原みのりが小林よしのりに「感謝」 その意外な理由とは 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのりが小林よしのりに「感謝」 その意外な理由とは

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加

現代の肖像 小島慶子 (eAERA) [Kindle版]

北原みのり著/戸澤裕司写真

B00JR5M3SQ

amazonamazon.co.jp

 文筆家でありながら、女性のセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」の代表も務める北原みのり氏。漫画家の小林よしのり氏に反論されたという。

*  *  *
 先日、日本で最も売れてるアダルトグッズは幼女の性器を模したグッズ(ロリコンオナホ)、と記したところ、小林よしのり氏が自身のブログで猛反対されていた。

「そんなもん誰が買うか! わしの知人の誰もアダルトグッズなんか買ってないし、0.00000001%の特殊な日本男性を普遍化するのはアホとしか言いようがない」

 よしりんの計算によれば、この国でロリコンオナホを買うのは、0.005人。そんな世界に、私も生きたいよ……と思い、きちんと計算することにした。

 オナホメーカーや業者仲間に話を聞いたところ、今、日本のアダルトグッズ業界売り上げの7割は、オナホ。そしてオナホは約300億円市場と言われている。単価千~3千円なので間を取って2千円にして単純計算すると、年間1500万個のオナホが売れていることになる。で、成人男性が5千万人としたら……。7割の男性が、オナホを買ったことはないのだ。リピーターを考えると、割合はもっと増える。

 よしりんが、「わしの知人の誰もアダルトグッズなんか買ってない」というのは、まあ、ある程度説得力があるのねぇ、とは思う。3割の男のために、ロリコン扱いされたくないわよね。でも……3割って、ぜんぜん、少なくないっすよ。

 さらに私は、よしりんが「誰もアダルトグッズなんか買ってない」と言い切ったことが気になったので、これも聞いてみた。

「アダルトグッズを使ってるって、友だちに言う?」

 彼らはエンドユーザーの声などを紹介してくれたのだが、基本的には「彼女とバイブを買った」話はしても、幼女系のオナホに関しては「まず言わ(え)ない」とのこと。男の人も、恥ずかしいんだね……。

 業界人たちは、数字を見ているので、この国のロリコン化の現実を、最も間近でやばい……と感じている。ロリコンオナホばかりがこれ以上売り上げを伸ばさないため、いったい何ができるかを考えなくちゃね、なことを、今回、業界の人たちとも話せる機会になった。そういう意味で、よしりん、ありがとう。

週刊朝日  2014年3月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

北原みのり

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい