「正社員率」で一橋大超えも 地方国立大の実力

出産と子育て

2014/03/05 16:00

 不景気を追い風に人気を高めた「地方国公立大学」の人気高騰が止まらない。学費や生活費の安さという“消極的”な理由で学生を集めるだけでなく、就職率のよさなどが高く評価されるようになったのだ。「駅弁大学」と揶揄された時代とは異なる、その「実力」をご紹介する。

あわせて読みたい

  • 就活は大学が面倒を見る時代? 「トヨタ」「パナソニック」の就職者数1位はあの大学

    就活は大学が面倒を見る時代? 「トヨタ」「パナソニック」の就職者数1位はあの大学

    dot.

    11/19

    医者は稼げない? 医学部より工学系が人気、大学選びの新基準

    医者は稼げない? 医学部より工学系が人気、大学選びの新基準

    週刊朝日

    12/6

  • キヤノン、ソニー、NTT…「電機・電子」「通信」有名企業への就職に強い大学ランキング

    キヤノン、ソニー、NTT…「電機・電子」「通信」有名企業への就職に強い大学ランキング

    dot.

    9/17

    東大は70位、京大は50位…“就職偏差値”トップの意外な大学とは?

    東大は70位、京大は50位…“就職偏差値”トップの意外な大学とは?

    週刊朝日

    1/27

  • 東京・大阪など4都府県で3割超、国公立大医学部の合格者

    東京・大阪など4都府県で3割超、国公立大医学部の合格者

    週刊朝日

    6/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す