作家・村山由佳「母娘だからわかり合えるというのは幻想」

介護を考える

2013/12/09 07:00

 母との確執に悩まされている娘世代の女性は少なくない。自身の作品でも母との葛藤について書いてきた作家の村山由佳さんは、いまだに認知症になった母とどう関わって行けばよいのかわからないという。

あわせて読みたい

  • 小島慶子が実母との確執語る「母が連絡してくるたびに熱を出していた」

    小島慶子が実母との確執語る「母が連絡してくるたびに熱を出していた」

    週刊朝日

    12/6

    信田さよ子×斎藤環 根深い「母娘問題」に共存の道はあるのか?

    信田さよ子×斎藤環 根深い「母娘問題」に共存の道はあるのか?

    AERA

    2/5

  • 作家・村山由佳 今も残る母への「わだかまり」吐露

    作家・村山由佳 今も残る母への「わだかまり」吐露

    AERA

    10/19

    ドレスで旅立った母 新田恵利が在宅介護で6年半、頑張れた理由

    ドレスで旅立った母 新田恵利が在宅介護で6年半、頑張れた理由

    週刊朝日

    10/17

  • アンケート実施 娘の1割が「母親に支配されている」と実感

    アンケート実施 娘の1割が「母親に支配されている」と実感

    週刊朝日

    12/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す