崩壊した徳洲会 選挙違反逃れのための「マニュアル」も

2013/11/22 11:30

 日本最大の医療グループ「徳洲会」を牛耳る徳田ファミリーが崩壊した。徳田虎雄前理事長(75)や前理事長の娘たちが公職選挙法違反に問われ、次男は衆院議員の職を失う危機にある。そんな徳洲会には、選挙戦が終わり、鹿児島県警の選挙違反取締本部が解散するまで、応援に行った職員はボランティアを装うため経費精算はしない、選挙違反に問われかねない職員はすぐに逃亡させるなど、伝承された「マニュアル」まであり、「徳洲会方式」と呼ぶ人もいるという。ジャーナリストの今西憲之氏と本誌取材班がレポートする。

あわせて読みたい

  • 衆院選なら20億円…崩壊した徳洲会の裏でうなっていた「カネ」の力

    衆院選なら20億円…崩壊した徳洲会の裏でうなっていた「カネ」の力

    週刊朝日

    11/20

    徳洲会事件 発端は組織の“汚れ仕事”担った金庫番

    徳洲会事件 発端は組織の“汚れ仕事”担った金庫番

    AERA

    12/10

  • 猪瀬直樹の冷や汗が止まらない? 「徳洲会」裁判開始

    猪瀬直樹の冷や汗が止まらない? 「徳洲会」裁判開始

    週刊朝日

    2/5

    徳田虎雄に「ノーベル平和賞」? 海外で推薦されたという噂

    徳田虎雄に「ノーベル平和賞」? 海外で推薦されたという噂

    週刊朝日

    12/12

  • 地域住民がお金を出し合って病院を設立… 徳洲会の光と影

    地域住民がお金を出し合って病院を設立… 徳洲会の光と影

    AERA

    12/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す