「疲れ切って走れません」東京五輪後自殺した円谷幸吉の人生

五輪

2013/09/21 11:30

 2020年夏季五輪の開催地に東京が選ばれた。56年前に開催された1964年の東京五輪のマラソンで命がけの戦いを演じたメダリストは何を思い、その後どんな人生を歩んだのか。

あわせて読みたい

  • マラソン五輪代表選考会「名誉と利権」でもめた人間臭い歴史

    マラソン五輪代表選考会「名誉と利権」でもめた人間臭い歴史

    週刊朝日

    10/10

    疑惑、不公平はもう勘弁 一発勝負のマラソン五輪選考レースはいかにして生まれたか?

    疑惑、不公平はもう勘弁 一発勝負のマラソン五輪選考レースはいかにして生まれたか?

    dot.

    9/14

  • 浅田真央はプレッシャーを抜け出せた? 心理カウンセラーがすすめる「期待に応えない力」

    浅田真央はプレッシャーを抜け出せた? 心理カウンセラーがすすめる「期待に応えない力」

    BOOKSTAND

    2/28

    「必ず次は金メダルをめざす」に違和感 下重暁子「五輪は勝者だけのものか」
    筆者の顔写真

    下重暁子

    「必ず次は金メダルをめざす」に違和感 下重暁子「五輪は勝者だけのものか」

    週刊朝日

    8/27

  • 「兄妹金メダル」候補も! 東京五輪・麗しの名選手と新時代のスター

    「兄妹金メダル」候補も! 東京五輪・麗しの名選手と新時代のスター

    週刊朝日

    7/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す