岸信介の「作品」 アヘン中毒の悲惨な実験国家

中国

2013/05/11 11:30

「革新官僚」として統制経済を唱えた戦前の岸信介は、満州国という実験国家を自らの「作品」と呼ぶ。しかし、満州国のベールをはぎ取った実態は、戦費のために人々をアへン中毒に追い込み、ぼろぼろにする悲惨なものだった。

あわせて読みたい

  • 世界最大の

    世界最大の"麻薬地帯"に7カ月間も滞在!? 作家・高野秀行がアヘン栽培に挑んだら...

    BOOKSTAND

    11/10

    北朝鮮の人事から読み解く対米関係 「強面」昇進が意味するメッセージとは

    北朝鮮の人事から読み解く対米関係 「強面」昇進が意味するメッセージとは

    AERA

    2/23

  • 国策で捨てられた満鉄 戦後民間扱いで元社員は苦労

    国策で捨てられた満鉄 戦後民間扱いで元社員は苦労

    AERA

    9/18

    日本人妻や子供の売買が普通に…戦後の引き揚げで起きた悲劇

    日本人妻や子供の売買が普通に…戦後の引き揚げで起きた悲劇

    週刊朝日

    11/20

  • 満鉄営業開始から110年目の記憶

    満鉄営業開始から110年目の記憶

    AERA

    9/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す