建築家・安藤忠雄が自身の美術館に込めた哲学とは

ゴールデンウィーク

2013/05/02 11:30

 建築家の安藤忠雄が、直島(香川県)をアートで再生するプロジェクトに参画して、今年で25年になる。ベネッセハウス、地中美術館、李禹煥(リウファン)美術館など、これまで7つの施設の設計に携わった。8つ目となったのは、今年3月にオープンした自身の美術館「ANDO MUSEUM」だ。

あわせて読みたい

  • 建築家・安藤忠雄が自身の美術館に込めた哲学とは

    建築家・安藤忠雄が自身の美術館に込めた哲学とは

    3/18

    「あと20年は仕事する」建築家・安藤忠雄の原動力とは?

    「あと20年は仕事する」建築家・安藤忠雄の原動力とは?

    週刊朝日

    10/6

  • mouse on the keys×安藤忠雄建築のコラボライブ映像公開

    mouse on the keys×安藤忠雄建築のコラボライブ映像公開

    Billboard JAPAN

    12/26

    日本人は建築の才能あり? 安藤忠雄がその理由を語る

    日本人は建築の才能あり? 安藤忠雄がその理由を語る

    週刊朝日

    12/16

  • 東京をズタボロに…「新国立競技場」問題の発端は安藤忠雄?

    東京をズタボロに…「新国立競技場」問題の発端は安藤忠雄?

    週刊朝日

    7/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す