「おバカで楽しい」ロック喫茶は武蔵小山にあり

ゴールデンウィーク

2013/04/02 07:00

 東京・渋谷「ブラックホーク」、六本木「JAJU」、吉祥寺「ビーバップ」、京都・河原町「ポパイ」、大阪・道頓堀「ファイブ・スポット」……70年代を彩った伝説のロック喫茶の多くは、今はもうない。だが、ロック喫茶そのものは相変わらず健在だ。音楽ライターの和田静香が現代の名店を訪れた。

あわせて読みたい

  • 70年代が蘇る「ロック喫茶」 自由が丘の名店を訪ねて

    70年代が蘇る「ロック喫茶」 自由が丘の名店を訪ねて

    週刊朝日

    4/1

    実在の店舗を舞台にしたドラマ「純喫茶に恋をして」を彩る「T字路s」のほろ苦いブルーズ
    筆者の顔写真

    岡村詩野

    実在の店舗を舞台にしたドラマ「純喫茶に恋をして」を彩る「T字路s」のほろ苦いブルーズ

    AERA

    2/13

  • ロック・バーの店主たちに焦点当てた『東京ロック・バー物語』発売

    ロック・バーの店主たちに焦点当てた『東京ロック・バー物語』発売

    Billboard JAPAN

    1/13

    貴重なイスも4千円から? 家具販売で純喫茶の思い出繋ぐ「村田商會」実店舗も開店

    貴重なイスも4千円から? 家具販売で純喫茶の思い出繋ぐ「村田商會」実店舗も開店

    AERA

    12/3

  • カフェと日本人

    カフェと日本人

    週刊朝日

    12/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す