瑛太 ドラマ「極北ラプソディ」での苦労を語る 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

瑛太 ドラマ「極北ラプソディ」での苦労を語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#ドラマ

 週刊朝日で連載されていた人気小説『極北ラプソディ』『極北クレイマー』(ともに朝日新聞出版刊)がNHKでドラマ化される(3月19、20日に全2回で放送)。架空の街・北海道極北市にある破綻(はたん)寸前の病院に“再建請負人”の新院長が来る。過激な再建策に反発しながらも、現実に直面して悩む青年医師を通して、地方の医療崩壊とそこでの希望が描かれる――。

 北海道・倶知安(くっちゃん)厚生病院の待合ロビーでは、小林薫さん演じる院長が治療費を滞納している患者に怒り、カルテを破って投げ捨てるシーンが撮影されていた。

「実際に目で見ると過激なことを書いたなあ、と思います。でも、あのセリフはまったくの正論なんですよ」と、この日撮影現場を訪れた医師でもある原作者の海堂尊さんは、にこやかな表情で見ている。「私にとって、小説は子どもで、ドラマ化は孫のようなもの。孫はただただかわいい。ちょうどそんな感じです」。

 廊下の長椅子では、青年医師・今中を演じる瑛太さんが出番を待っている。「常に生命と隣り合わせの仕事場にいて、それがあたり前という生活の医師をどう演じるか。そこが難しかったところです」。

 それにしても、せっかく道内随一の積雪量を誇る倶知安で撮影しているのに、病院内でのシーンばかり。これなら都内でセットの撮影でもよかったのでは……。素朴な疑問に、エグゼクティブ・プロデューサーの佐野元彦さんが答える。「臨場感を大事にしていますから。セット撮影なし。100%ロケ撮影です」。

週刊朝日 2013年3月29日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい