中国大気汚染は九州だけじゃない 「PM2.5」の危険性

中国

2013/02/05 07:00

 ロンドンは霧の都、パリは花の都。では北京は? 答えはスモッグの都。北京市内はいま、車や工場の排ガスに含まれる汚染物質「PM2.5」に覆われて霞がかかり、小学校は休校、病院ではせき込む子どもが長蛇の列をつくるという、とんでもない事態になっているのだ。

あわせて読みたい

  • 春の風が運ぶ花粉、黄砂、PM2.5による肌荒れにご注意!

    春の風が運ぶ花粉、黄砂、PM2.5による肌荒れにご注意!

    tenki.jp

    4/3

    中国から飛来する水銀 微小粒子状物質「PM2.5」より恐ろしい事実

    中国から飛来する水銀 微小粒子状物質「PM2.5」より恐ろしい事実

    AERA

    3/10

  • 中国大気汚染 ストレスで幼稚園児がケンカも

    中国大気汚染 ストレスで幼稚園児がケンカも

    AERA

    2/13

    インドの大気汚染が中国以上 愛国心から?否定する学者も

    インドの大気汚染が中国以上 愛国心から?否定する学者も

    AERA

    5/16

  • 中国汚染「PM2.5」がついた野菜は水洗いしてもダメ?

    中国汚染「PM2.5」がついた野菜は水洗いしてもダメ?

    週刊朝日

    3/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す