田原総一朗氏がいう民主党政権でよかったこととは? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗氏がいう民主党政権でよかったこととは?

連載「ギロン堂」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 16日に行われた衆議院選挙は、自民党と公明党が合わせて325議席を獲得し、民主党は57議席と惨敗した。ジャーナリストの田原総一朗氏は「これは民主党が第三極に没落したことを意味している」と指摘する。

*  *  *
 2009年の総選挙では、自民党は大敗したとはいえ119議席を獲得し、その前の05年総選挙では民主党が113議席を獲得した。

 つまり、第2党ならば敗れても110議席超は獲得できるのが二大政党制なのだが、今回の民主党はその半分程度しかとれなかった。それは、維新の会やみんなの党などの第三極が、自民党ではなく民主党の票を食ったからだ。結果として、「第二極」は事実上、消滅してしまった。

 こんな結果になった最大の理由は、民主党が政権を運営することにあまりにも慣れておらず、次々にボロが出たことだろう。民主党は、自民党にノーを突きつけることはできたが、政権をどう運営していくのか、そのノウハウをまったく知らなかった。ブレーンも、自民党政権を批判するだけで、民主党に政権運営を指南できる人材はいなかった。これは、いうなれば労働組合がいきなり経営陣になったようなものだ。

 ただ、民主党政権で原発事故が起きたことはよかったと思っている。これがもし自民党政権で起きていれば、自民党は全力で事故の内容を隠蔽(いんぺい)しただろう。民主党は隠し方を知らなかったから、原発事故はほぼすべてが露呈した。民主党政権でなければ、いまも事故の詳細は闇の中だったかもしれない。

 今回の選挙結果には、いまの日本の閉塞した状況に国民が不安を覚え、自信を失っていることが出ていると思う。投開票の前に新聞各紙が「自公で300議席」などと予測を書いた。こうした報道が出ると、普通は自公にマイナスに働くものなのだが、今回はむしろさらに勢いが出た形になった。これは、将来の展望に不安を覚える国民が、勝ち馬に乗りたがった結果だと捉えている。

週刊朝日 2012年12月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

田原総一朗

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。 現在、「大隈塾」塾頭を務める。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい