本人が望んでも難しい「平穏死」 客観性が壁

終活

2012/12/08 16:00

 旅立ちに際し、「穏やかな死」を願うのは、人として自然な気持ちだろう。だが必ずしも願いが叶(かな)うわけではない。町医者として500人の患者を在宅で看取った長尾和宏医師とともに「平穏死」に立ちはだかる壁について考える。

あわせて読みたい

  • 「口から食べられない=寿命」変わる死生観で「自然死」急増の予兆

    「口から食べられない=寿命」変わる死生観で「自然死」急増の予兆

    週刊朝日

    3/5

    2千人以上看取った在宅医が語る「延命治療をやめるタイミング」とは

    2千人以上看取った在宅医が語る「延命治療をやめるタイミング」とは

    dot.

    3/12

  • 活発化する「尊厳死」の議論 法制化とともに求められること

    活発化する「尊厳死」の議論 法制化とともに求められること

    AERA

    11/15

    「生かし続けるのはかわいそう」終末期医療で進む「自然な看取り」の実情

    「生かし続けるのはかわいそう」終末期医療で進む「自然な看取り」の実情

    AERA

    11/14

  • 最期は「自然の麻酔」がかかる…医師が説く「意味のない治療」とは

    最期は「自然の麻酔」がかかる…医師が説く「意味のない治療」とは

    週刊朝日

    3/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す