ドリアン助川の被災地への旅 仙石線を目の当たりにし唖然

2012/11/29 16:00

 線量計を片手に、松尾芭蕉が歩いた道のりを折り畳み自転車で訪ねる旅に出た創作家のドリアン助川氏。日本三景の一つ、松島から東日本大震災で甚大な被害に遭った石巻へ向かう道中、ドリアン氏が目の当たりにした被災地の現状を語った。

あわせて読みたい

  • “夏草や 兵どもが 夢の跡”。芭蕉の足跡をたずねて、新緑まぶしい世界遺産・平泉へ

    “夏草や 兵どもが 夢の跡”。芭蕉の足跡をたずねて、新緑まぶしい世界遺産・平泉へ

    tenki.jp

    5/12

    「旅人」といえばこの人!漂泊の俳人・松尾芭蕉の、人生をかけた旅の軌跡

    「旅人」といえばこの人!漂泊の俳人・松尾芭蕉の、人生をかけた旅の軌跡

    tenki.jp

    5/16

  • 芭蕉が「おくのほそ道」に出立したのは、328年前の3月27日(旧暦)!

    芭蕉が「おくのほそ道」に出立したのは、328年前の3月27日(旧暦)!

    tenki.jp

    3/27

    芭蕉ファン、俳句ファン必見!―「奥の細道330年 芭蕉」展

    芭蕉ファン、俳句ファン必見!―「奥の細道330年 芭蕉」展

    tenki.jp

    9/21

  • 「俳句」世界で一番短い詩?かもしれません。

    「俳句」世界で一番短い詩?かもしれません。

    tenki.jp

    10/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す