いじめ問題対応で見え隠れする教員集団の「親分子分」関係

2012/08/29 07:00

 いじめによる惨事が繰り返されるなか、学校は、教育委員会は、なぜ変われないのだろうか。元東京都杉並区立和田中学校校長で、東京学芸大学客員教授の藤原和博氏は、教職員の隠蔽(いんぺい)体質の背後にある「親分―子分関係」に問題があると言う。

あわせて読みたい

  • 学校のいじめ「隠蔽工作」に負けない6つの方策

    学校のいじめ「隠蔽工作」に負けない6つの方策

    週刊朝日

    9/6

    教師も苦しむ「ブラック部活」 部活の“外部委託”の動き

    教師も苦しむ「ブラック部活」 部活の“外部委託”の動き

    AERA

    3/4

  • 裏サイトで悪口も学校は対応せず…藤原和博がズバリ解決策!

    裏サイトで悪口も学校は対応せず…藤原和博がズバリ解決策!

    AERA

    12/9

    増加する不登校児どうすれば…藤原和博が提言「社会ゴト化」とは?

    増加する不登校児どうすれば…藤原和博が提言「社会ゴト化」とは?

    AERA

    12/8

  • プログラミング教育が必修化で現場に広がる悲痛な声… それでも取り組むべき意義とは?
    筆者の顔写真

    福田晴一

    プログラミング教育が必修化で現場に広がる悲痛な声… それでも取り組むべき意義とは?

    AERA

    2/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す