池田清彦教授「生き生きしてる奴は世間をナメきった奴ばかり」と発言

池田清彦

2012/08/02 07:00

 7月で65歳になったという生物学者の池田清彦・早稲田大学国際教養学部教授。年を重ねてからの存在理由を「未来のことを自己の利害から自由になって語れること」だと言う。そして自身の若い時に叩き込まれた思想と、現実とのギャップを次のように話す。

あわせて読みたい

  • 池田清彦教授 「だましだましの人生がオススメ」

    池田清彦教授 「だましだましの人生がオススメ」

    3/1

    池田早大教授「秘密保護法は世界で評判が悪いぞ」

    池田早大教授「秘密保護法は世界で評判が悪いぞ」

    週刊朝日

    1/17

  • 「体は老人でも、心はまだまだ若いぞ」池田教授のつぶやき

    「体は老人でも、心はまだまだ若いぞ」池田教授のつぶやき

    週刊朝日

    8/27

    池田清彦早大教授「アマゾンの書評に唖然」

    池田清彦早大教授「アマゾンの書評に唖然」

    週刊朝日

    8/11

  • 「無煙たばこに難癖つけるのはおせっかい」池田教授が憤った相手とは?

    「無煙たばこに難癖つけるのはおせっかい」池田教授が憤った相手とは?

    週刊朝日

    9/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す