一家孤立死の男性 生前はパチンコ・競輪の借金で故郷を離れていた

2012/07/04 07:00

 だれにも看取られることなく、ひっそりと亡くなる人が後を絶たない。この冬から春にかけても、都内や埼玉県、北海道など各地で一家や姉妹が孤立死する例が続いた。東日本大震災後、「絆」を見直す動きが強まっているにもかかわらず、孤立死はなぜ続くのだろうか。ノンフィクションライターの橘由歩氏が、今年2月20日に死後2カ月ほどの変わり果てた姿で見つかったAさん(当時64)の足跡をたどった。同じ室内には、妻(同63歳)と長男(同39歳)の遺体もあり、発見時は「一家3人が孤立死か」とメディアをにぎわせた事件だった。

あわせて読みたい

  • 一家3人孤立死の壮絶現場 食料は飴玉だけ、所持金は1円硬貨数枚

    一家3人孤立死の壮絶現場 食料は飴玉だけ、所持金は1円硬貨数枚

    週刊朝日

    7/6

    5月に増加、孤立死はどうすれば防げるか 23区内で一人で亡くなる人が増えている

    5月に増加、孤立死はどうすれば防げるか 23区内で一人で亡くなる人が増えている

    AERA

    5/8

  • ギャンブル依存症の8割が「パチンコ依存」 国内400万人以上に疑いあり

    ギャンブル依存症の8割が「パチンコ依存」 国内400万人以上に疑いあり

    週刊朝日

    11/18

    札幌の暖房のない部屋で姉妹が孤立死 姉は顎がはずれて…

    札幌の暖房のない部屋で姉妹が孤立死 姉は顎がはずれて…

    週刊朝日

    7/12

  • スマホでギャンブル始められる時代 依存症防止策・治療はオンライン化に対応できるか

    スマホでギャンブル始められる時代 依存症防止策・治療はオンライン化に対応できるか

    AERA

    6/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す