野田、小沢、谷垣…上司にするなら誰? 新橋駅前で聞きました 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

野田、小沢、谷垣…上司にするなら誰? 新橋駅前で聞きました

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 消費増税関連法案が衆議院を通過した翌6月27日夜、サラリーマンの聖地・JR新橋駅前SL広場で、「上司にするなら誰?」というお題のアンケートを敢行した。ほろ酔い気分で選んだのは......。

 回答は1.野田佳彦首相(55)、2.小沢一郎元民主党代表(70)、3.谷垣禎一自民党総裁(67)の3択。だが、午後7時の開始早々、想定外の「その他」が続いた。

 40歳の商社マンは、

「この3人だけ? リーダーシップがありそうなのは、橋下徹大阪市長(43)でしょ」

 沖縄から商談で上京した小売業の男性(59)は、

「絶対に石原慎太郎東京都知事(79)。尖閣諸島購入を発表した姿を見て、胸にグッと響いたよ」

 通行人にアルコールが回り始めた午後9時過ぎから、小沢票がジワジワと伸びた。

「顔つきがいい」(公務員・30)

「黒いイメージがあるが、増税しないという約束は守っている」(人材派遣会社員・37)

 気分が高揚したのが、「絶対、小沢!」(SE・38)と鼻息が荒い人も。

 一方で野田、谷垣両氏の支持理由はパッとしない。

「首相がコロコロ代わるのは恥ずかしい。もう少し野田さんに任せてみては」(脚本家・38)

「谷垣さんは、まとまりのない自民党をよくまとめている」(弁護士・30)

 50人に聞いた結果は、小沢18、谷垣8、野田6、「その他・該当なし」18。剛腕神話は新橋では健在だった。

※週刊朝日 2012年7月13日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい