早乙女太一の「DV」報道 背後に西山サイドの「別れさせ」工作?! 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

早乙女太一の「DV」報道 背後に西山サイドの「別れさせ」工作?!

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#破局

 交際中の人気モデル・西山茉希(まき・26)に暴力を振るったことが「女性自身」に報じられてしまった大衆演劇俳優・早乙女太一(20)。

 一部始終を目撃されたのがよほどショックだったのだろう。早乙女は雑誌の発売前日に会見して謝罪し、西山との"復縁"をアピールした。

 ところが、関係者の大半は「これだけでは収まらない」という見方だ。

 イメージダウン必至の西山に、ある"大物"が怒り心頭だというのだ。

「西山は、"芸能界のドン"とも言われる有力プロダクション社長のお気に入りで、テレビへの出演なども彼のプッシュが大きいと聞く。ドンは今回の騒動後、各局に『もう一回チャンスをやってくれ』と言っているようだが、本音は西山に激怒しているようだ。本人にも『何をやっているんだ!』とキツく言ったらしい」(テレビ局関係者)

 一方、事情に詳しい芸能プロ関係者はこう語る。

「早乙女の暴力は以前もあったようで、1カ月ほど前から『二人はもうすぐ別れる』という話が出回っていた。そもそも情報を流したのは西山の事務所関係者と聞いている。西山サイドはドンの意向でマスコミを制御できるはずなのに、今回の報道をもみ消そうとした形跡もない。何かウラがありそうだ」

週刊朝日

 2012年6月1日


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい