アラフォー女性記者が宮崎キャンプでイケメン探し ソフトバンク編 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アラフォー女性記者が宮崎キャンプでイケメン探し ソフトバンク編

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#婚活

 プロ野球開幕まで1カ月。「ダルビッシュがメジャーに行ったプロ野球なんてつまらないわ......」とお嘆きの淑女の皆さん、下を向いちゃダメ、ダメ! 腐女子ライター・桜田モイモイ(39)がキャンプ地の宮崎で女子目線を発揮。「超新星」を発掘して参りました。

*  *  *
 昨年8年ぶりの日本一を果たした福岡ソフトバンクのキャンプ地は、宮崎市の生目の杜運動公園。

 7人が並ぶ巨大なブルペンは迫力満点だ。今年のソフトバンクのキャンプはズバリ「若手投手のアピール合戦」。先発が決まっているのは昨季14勝の摂津正(29)と、埼玉西武から移籍した帆足和幸(32)だけ。

「抜けた和田毅、杉内俊哉、ホールトン3人の穴を投手陣全員で埋める」と、高山郁夫投手コーチ(49)も明言しており、残りのイスをかけて、ガチンコの争いだ。

 ブルペンには日本人最速左腕(155キロ)の川原弘之(20)の姿も。

 いや、私が探しているお目当ては......目を皿のようにして周囲を見回すと、いた! 入団6年目の中継ぎ投手・森福允彦(25)。

 いやあ、思い出します。昨年の日本シリーズ第4戦。無死満塁から中日の小池、平田、谷繁を11球で斬ったあの快投。あの姿にはイナズマが走ったっけ。

 この活躍で知名度が上がり、今年はバレンタインデーにチーム一となるチョコ200個をゲット。愛称は「チョメ」で、顔はなでしこジャパンの川澄奈穂美にクリソツだ。

 そんな森福を直撃!

「今オフは街でサインを求められる機会が増えました。(チョコ1位は)うれしいですね。プレゼントは入浴剤が多くてホテルで使わせてもらっています」

 見かけはヤンチャ系だが、発言は謙虚。話してみるとさらに好きになる。独身で好きなタイプは「頭のいい子」。ああ、大学出ておけばよかったゼ。(チッ!)

※週刊朝日2012年3月9日号


週刊朝日


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい