遺体から何を感じるか――関東大震災で我が子を亡くした記者が綴る

2012/02/16 07:41

 1923(大正12)年9月1日に関東を直撃したM7.9の大地震、関東大震災。直後に起きた火災旋風で44万7千戸もの家屋が全焼した。図書館、書店、博物館も燃え尽きた。多くの人命と財産を奪った最大の国難を、当時の人たちはどう克服しようとしたのだろうか。

あわせて読みたい

  • 東日本大震災で亡くした息子、妹が夢に…「亡き人との夢」の意味について

    東日本大震災で亡くした息子、妹が夢に…「亡き人との夢」の意味について

    dot.

    3/26

    天皇、皇后両陛下は、なぜ被災地を巡るのか 皇室担当記者たちが明かす未公開秘話

    天皇、皇后両陛下は、なぜ被災地を巡るのか 皇室担当記者たちが明かす未公開秘話

    週刊朝日

    2/24

  • 「亡くなった人のために歌いたい」被災者だけの合唱団で見た希望

    「亡くなった人のために歌いたい」被災者だけの合唱団で見た希望

    週刊朝日

    3/15

    残念な遺言書は「争族」を招く!? プロが教える「スキのない遺言書」

    残念な遺言書は「争族」を招く!? プロが教える「スキのない遺言書」

    dot.

    8/13

  • 「大切なペットと避難するためにまずやるべきこと」 防災士で獣医師の提言

    「大切なペットと避難するためにまずやるべきこと」 防災士で獣医師の提言

    dot.

    7/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す