北杜夫さんが本誌で語った“躁の暴走”

お悔やみ

2011/11/09 17:01

〈数年前、もう生きる気力がなくて、すぐに死ぬと思ったから、「賀状は今年かぎりにさせて頂きます。長年のご厚情を感謝申し上げます。世を捨てた北杜夫」と書いて、皆様に年賀状を出したんです。ところが、世を捨てるとストレスがないせいか、まだ生きている。困ったもんです〉

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す