陸に上がった「船大工」が息子に託した復興の夢

2011/04/25 18:39

 宮城県気仙沼市の市街地から南へ10キロほど行った気仙沼湾の入り口に、「岩井崎」と呼ばれる岬がある。石灰岩の岩場に波が当たって起きる「吹き潮」で知られる景勝地だ。海沿いを通る国道45号からその岩井崎へ向かった脇に、目的地の工場があるはずだった。

あわせて読みたい

  • 気仙沼「共徳丸」解体 見物客の記念撮影増加 住民心情に配慮する声も

    気仙沼「共徳丸」解体 見物客の記念撮影増加 住民心情に配慮する声も

    週刊朝日

    10/22

    アンニョン、エレナ

    アンニョン、エレナ

    週刊朝日

    10/13

  • 漂流

    漂流

    週刊朝日

    9/29

    被災地・気仙沼の「復興」に“ウルトラマン”はいなかった

    被災地・気仙沼の「復興」に“ウルトラマン”はいなかった

    dot.

    3/11

  • 加工業者がマグロ船を建造、自ら漁に出た理由

    加工業者がマグロ船を建造、自ら漁に出た理由

    AERA

    12/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す