スマホ依存を自覚する人が8割に、デジタルデトックスが不必要な30代が5割超に ―MMD研究所 〈トラベルボイス〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

スマホ依存を自覚する人が8割に、デジタルデトックスが不必要な30代が5割超に ―MMD研究所

トラベルボイス
図1 MMD研究所:報道資料より

図1 MMD研究所:報道資料より

図2 MMD研究所:報道資料より

図2 MMD研究所:報道資料より

 MMD研究所は、スマートフォンを所有する15歳から59歳までの男女562人を対象に「スマホ依存に関する調査」を実施した。それによると、全体の80.5%が「スマホに依存している」と回答。なかでも20代では40.2%が「かなり依存している」と自覚していることが分かった。

 スマホ依存に関する年代別の自覚状況は図1のとおり。

 一方、IT依存症になることを避ける目的であえて一定期間デジタルデバイスから離れる「デジタルデトックス」についての質問では、「知っている」「聞いたことがある」との回答が全体22.2%で、約8割はその言葉や考え方を認知していないことが判明した。

デジタルデトックスの必要性については、全体の31.7%が「必要だと思うが実践できていない」と回答。10代では5.3%が「実践している」と回答した一方、20代で実践しているのは2.7%にとどまった。さらに、30代以上ではそろって5割以上が「必要だとは思わない」と回答している点も特徴として見受けられた。

「デジタルデトックス」という言葉の認知度は図2のとおり。


トップにもどる トラベルボイス記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい