高齢、基礎疾患、貧困層…弱者を狙い撃ちするコロナ 分断をどう克服する

2021/02/01 08:02

 2020年に世界を震撼させた新型コロナウイルス感染症は、医療分野だけでなく教育や情報テクノロジーなどさまざまな分野で問題を浮き彫りにした。21年にはどのような発展が見込まれ、我々はどのように対応していくべきなのだろうか。人文・心理分野の研究者に聞いた。(東大新聞オンラインより転載)

あわせて読みたい

  • オンライン授業は心身に悪影響? コロナ禍の学生が注意すべきこととは

    オンライン授業は心身に悪影響? コロナ禍の学生が注意すべきこととは

    東大新聞オンライン

    7/7

    ウイズコロナへ日本も進み出したのか? 緩和策で女医がモヤモヤした2つのこと
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    ウイズコロナへ日本も進み出したのか? 緩和策で女医がモヤモヤした2つのこと

    dot.

    9/21

  • コロナやインフルだけが発熱する病気ではない 発熱外来受診を呼び掛ける政府方針へ女医の疑問
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    コロナやインフルだけが発熱する病気ではない 発熱外来受診を呼び掛ける政府方針へ女医の疑問

    dot.

    10/19

    倒産制度の活用が苦境の企業を救う? コロナ禍で見直すべき経済政策

    倒産制度の活用が苦境の企業を救う? コロナ禍で見直すべき経済政策

    東大新聞オンライン

    2/2

  • アフターコロナ時代は人文社会系の研究も不可欠に 立命館大学長が理由を語る

    アフターコロナ時代は人文社会系の研究も不可欠に 立命館大学長が理由を語る

    週刊朝日

    7/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す