関西 雨がやんでいても、引き続き土砂災害に警戒を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関西 雨がやんでいても、引き続き土砂災害に警戒を

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


近畿地方では、7日の降り始めからの雨量が100ミリを超えている所があります。これまで降った雨で土砂災害が起こる恐れがありますので、引き続き警戒・注意が必要です。

雨量が多くなっている所では少しの雨でも土砂災害に警戒を

きのう7日から今朝にかけて、活発な梅雨前線の影響で、近畿地方では北部や中部を中心に非常に激しい雨の降った所がありました。大阪市や神戸市など、京阪神周辺の都市部でも激しい雨が降り、大雨となりました。

降り始めからの雨量が100ミリを超えている所があり、地盤が緩んでいる所があります。土砂災害の危険性が高くなっていますので、雨がやんでいたとしても、引き続き警戒してください。

近畿北部ではこのあとも大雨に注意

この時間、京阪神周辺では雨が小康状態となっていますが、近畿地方の北部では再び活発な雨雲がかかり、雨が強まっています。雨雲は東へと進みながらゆっくりと南下をしていますので、北部を中心に再び大雨の恐れがあります。

土砂災害やアンダーパスなど低い土地への浸水、河川の増水に十分に注意をしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい