前線上の低気圧が接近・通過 あす7日 東海や関東 再び強雨に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

前線上の低気圧が接近・通過 あす7日 東海や関東 再び強雨に注意

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


あす7日(水)は梅雨前線上の低気圧が関東付近に接近・通過。再び雨脚が強まる所があり、静岡県熱海市も本降りの雨に。少しの雨でも土砂災害が発生するおそれがあります。

強まる雨・熱中症 注意・警戒

あす7日(水)も本州付近に梅雨前線が停滞。さらに前線上の低気圧が関東付近を通過する予想です。東海はあす(7日)の昼頃まで、関東はあす(7日)明け方にかけては、広い範囲で雨が降るでしょう。岐阜県は朝までは雷を伴って激しい雨が降り、大雨になる所がありそうです。北陸は福井県を中心に激しい雨が降り、雨の量が多くなるでしょう。

大規模な土砂災害が発生した静岡県熱海市でも、雨脚の強まる時間がありそうです。神奈川県も昼頃にかけて雨が降ったりやんだりでしょう。大雨で地盤が緩んでいる所では、雨の降り方によっては土砂災害の危険度が急激に高まるおそれがあります。強まる雨に警戒が必要です。

曇りや雨でも気温は高く、日中は30度近くまで上がる所がほとんどです。湿気が多く、蒸し暑さが続くでしょう。万全な熱中症対策をなさって下さい。

10日(土)頃まで 前線の活動活発

土砂災害の前兆としては「斜面のひび割れ」「異様な音・におい」「湧き水が止まる」「濁った水が吹き出す」が挙げられます。すでに土砂災害が発生している所や地盤が緩んでいる所では、少しの雨でも新たに土砂災害が発生する危険性もあります。

本州付近に停滞する梅雨前線は、10日(土)頃まで活動が活発な状態が続きそうです。東海や関東も雨が降りやすいでしょう。強弱はありますが、梅雨の末期となり、雨の降り方には注意が必要です。最新の気象情報を確認しましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい