24日(日)南岸低気圧発達 東北南部の内陸で湿った雪に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

24日(日)南岸低気圧発達 東北南部の内陸で湿った雪に

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


24日(日)は南岸低気圧の影響で、東北南部の内陸では湿った雪の降る所があるでしょう。沿岸でも冷たい雨となり、太平洋側の海上を中心に風が強く吹きそうです。

23日(土) 北部ほど晴れる時間長いが、この時期らしい寒さに

23日(土)は、北に中心を持つ高気圧におおわれるため、北部ほど晴れる時間が長いでしょう。陸上では風も比較的弱く、穏やかな一日となりそうです。一方、福島県など南部では湿った空気の影響で、やや雲が広がりやすいでしょう。ただ、天気が大きく崩れることはなさそうです。

最低気温は放射冷却の影響で、日本海側や北部で冷え込みが強まるでしょう。水道管や路面の凍結に注意して下さい。

また、最高気温もあまり上がらず、この時期らしい寒さに戻る予想です。きょう(金)との気温差が大きくなるため、体調管理にお気を付け下さい。

24日(日) 南部の内陸では湿った雪の降る所も

24日(日)は、低気圧が発達しながら本州の南岸を東へ進む予想です。このため、低気圧に近い東北南部(福島県中心)で天気が崩れるでしょう。沿岸では冷たい雨が中心となりますが、内陸は湿った雪の降る所がありそうです。今のところ、大雪になる予想ではないものの、低気圧の進むコースや発達の程度によっては雪の降る範囲が広がったり、雪の降る量が多くなったりする恐れがありますので、今後の最新の情報に注意が必要です。

一方、東北北部は、北海道付近に中心を持つ高気圧におおわれるため、日中は日差しが届くでしょう。

最低気温は、北部を中心に氷点下10度以下となる所があり、冷え込みが厳しい予想です。

最高気温は、この時期らしい寒さが続くでしょう。日差しがない南部ほど気温の数字以上に寒く感じられそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい