週間 冷たい空気はいったん離れる 北日本も降るものは雪ではなく雨に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 冷たい空気はいったん離れる 北日本も降るものは雪ではなく雨に

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


ここ数日居座っている強い寒気は次第に離れ、寒さはいったん和らぎます。北海道や東北は、気圧の谷の影響で天気の崩れる日もありますが、降るものは雨の所が多くなるでしょう。

あすの天気

あす12日(木)は、高気圧に覆われて全国的に晴れる見込みです。風も比較的穏やかでしょう。ただ、寒気の影響はまだ少し残ります。その上、放射冷却が強まるため、最低気温は今朝より更に低く、この時期としては強い冷え込みとなるでしょう。北海道では平地も広く雪が積もっていますし、本州の山沿いの地域も所々で積雪状態となっています。あすの朝は路面が凍結して滑りやすくなりますので、転倒によるケガや、車のスリップ事故に十分お気を付けください。最高気温も、この時期としては低めの所が多く、空気はヒンヤリです。

あさって以降の天気

13日(金)から16日(月)にかけて、寒気が日本から離れ、南からの暖かい空気が流れ込みやすい状況に。

全国的に、高気圧に覆われて晴れる日が多いでしょう。金曜日は、日本の北に低気圧や前線が進んでくるため北海道と東北で天気が崩れますが、降るのは雪ではなく雨となりそうです。また、月曜日は再び前線が通り、南から湿った空気が流れ込むでしょう。傘マークのついている大阪や名古屋をはじめ、本州の所々でにわか雨があり、北海道も一時的に雨の降る所がありそうです。

17日(火)以降は、北から次の寒気が流れ込むでしょう。ここ数日の寒気ほどの強さではないものの、北海道はグッと気温が下がり、北部を中心に雪の降ることがありそうです。東北や北陸も冷たい雨の降る所があるでしょう。

一方、関東から西は引き続き暖かい空気に覆われて、季節はしばらく足踏みしそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい