仙台市民の憩いの山 泉ケ岳で初冠雪 日中は今季一の寒さも 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

仙台市民の憩いの山 泉ケ岳で初冠雪 日中は今季一の寒さも

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


4日の東北地方は泉ケ岳(宮城)、瀧山(山形)で初冠雪を観測。日中は今季一番の寒さの所が多く、峠道は5日朝にかけて凍結に注意が必要です。

泉ケ岳 瀧山で初冠雪

きょう(4日)は東北の山から初冠雪の便りが続々と届きました。仙台管区気象台は泉ケ岳の初冠雪を観測しました。今朝は仙台市青葉区の台原森林公園から見事な雪化粧が見られました。

このほか、山形地方気象台からは瀧山の初冠雪も観測されました。東北地方の気象台が初冠雪を観測する山のうち今季の観測がないのは、岩木山(青森地方気象台)、太平山(秋田地方気象台)、雁戸山(山形地方気象台)を残すのみとなりました(4日午後1時現在)。

このあとも日本海側中心に雨や雪 今季最も寒い所も

きょう(4日)の東北地方はこのあとも冬のような天気分布です。日本海側を中心に冷たい雨が降ったりやんだりで、雷を伴う所もあるでしょう。標高の高い山では雪が降り、青森県の酸ヶ湯では午後1時現在16cmの積雪を観測しています。峠を車で走る際は冬用タイヤが必要です。寒気の影響で日中も気温は上がらず、最高気温はこの秋これまでで最も低い所が多くなるでしょう。青森市や盛岡市は今季初めて1桁の予想で、そのほかも10度前後までしか上がらない見込みです。冷たい風が強まるため、数字よりもさらに寒く感じられそうです。翌朝にかけても冷え込みが強まるため、山道では路面の凍結に十分ご注意ください。

金曜日の雨のあと 季節はさらに前へ

この時期は一雨ごとに季節が進みます。金曜日に降る雨のあと、週明けにかけて今回よりも一段強い寒気が徐々に入る予想で、青森県の津軽地方や岩手県の内陸などでは週明けは平地でも雪の降る可能性がでてきています。タイヤ交換や暖房の準備などの冬支度がまだの方は早めに済ませましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい