19日 四国から関東は雨 大阪や名古屋、東京は晩秋の肌寒さに 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

19日 四国から関東は雨 大阪や名古屋、東京は晩秋の肌寒さに

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょう(19日)は、四国から関東の太平洋側で雨。大阪や名古屋などは11月中旬並みの肌寒さで、厚手の上着が必須となりそう。

雨雲は東へ広がる

きょう(19日)は、本州付近は緩やかに高気圧に覆われますが、南の海上に前線が停滞します。

けさは九州から近畿の太平洋側の地域を中心に雨雲がかかっています。このあと九州は天気が回復しますが、四国や近畿は太平洋側を中心に昼過ぎまで雨の降る所が多いでしょう。東海は昼前後に雨が降り、静岡県などでは夜にかけても雨が降ったりやんだりしそうです。関東も午後は南部を中心に雨が降り、本降りになる時間もあるでしょう。雨具を持ってお出かけ下さい。

一方、北海道付近を通過する前線や気圧の谷の影響で、北陸や東北、北海道も午前9時頃までは雨の降る所があるでしょう。雷を伴って、ザっと雨脚の強まることがありますので、落雷や突風にも注意して下さい。日中は次第に高気圧に覆われて、日の差す所が多くなりそうです。

きのうよりヒンヤリ 服装選び注意

最高気温は、雨が降る四国から関東は、きのうより3度ほど低い所が多いでしょう。昼間もヒンヤリしたままで、大阪や東京都心など11月上旬から中旬並みの所もありそうです。北よりの風も吹くため、厚手の上着があると良いでしょう。

晴れる所では快適な陽気の所が多くなりそうです。沖縄や九州北部、中国地方は平年並み、北陸も20度くらいまで上がりこの時期らしい気温でしょう。東北は18度前後、北海道は15度前後と、きのうと同じくらいの所が多くなりそうです。ただ、夜は冷えてきますので、服装で調節をして下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい