東北 冬の天候の見通し 東北らしく寒い冬に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北 冬の天候の見通し 東北らしく寒い冬に

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


本日、仙台管区気象台から発表された長期予報によると、10月は気温が高く、秋の深まりはゆっくりとなりそうです。ただ、11月~12月はほぼ平年並みの気温に戻り、冬の便りが続々と届くでしょう。また、冬(12月~2月)の気温はほぼ平年並みで、東北日本海側の降雪量はほぼ平年並みになる見込みです。記録的な暖冬だった去年とは違い、東北らしく寒い冬となりそうです。冬支度は早めに進めておきましょう。

11月~ 季節は秋から急速に冬へ 12月は山沿いを中心に大雪の恐れも

10月 秋の深まりはゆっくり

気温は高く、紅葉の色づきなど、秋の深まりはゆっくりとなりそうです。ただ、朝晩と昼間の気温差が大きくなりますので、体調管理にお気をつけください。

降水量はほぼ平年並みの予想ですが、台風が発生し日本列島に近づく恐れがあります。また、台風周辺の非常に暖かく湿った空気が秋雨前線の活動を活発化させ、大雨となる恐れもあります。引き続き、大雨への備えが必要です。

11月 冬支度はお早めに

日本海側 一時的に西高東低の冬型の気圧配置になり、平地でも初雪が観測される可能性があります。季節は秋から急速に冬に向かいますので、車のタイヤ交換など、冬への準備を進めてください。

太平洋側 勢力の強い移動性高気圧におおわれ、秋晴れとなる日が多い見込みです。

12月 大雪やなだれなどに注意

日本海側 一時的に冬型の気圧配置が強まり、山沿いを中心に大雪となる恐れがあります。大雪による交通機関の乱れ、なだれなどに注意してください。

太平洋側 低気圧の影響を受けやすく、降水量は平年並みか多い予想です。ただ、晴れて空気の乾燥する日もあり、火の取り扱いに注意が必要です。

2020年12月~2021年2月 例年通りの厳しい寒さに

今シーズンは東北らしく寒い冬になり、太平洋側で雨の量が多くなるという特徴があります。雨や雪が降り冷え込みが強まると、橋や歩道橋の上など、路面が凍結する恐れがあります。シーズン初めは冬道に不慣れでスリップ事故が起こりやすくなりますので、最新の気象情報に注意してください。

なお、冬の天候に影響の大きい北極振動の予想は難しく、現時点では考慮できていませんので、予報には不確実性があります。最新の予報をこまめに確認してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい