3日 九州や四国で非常に激しい雨も 活発な雨雲 夜は関東周辺まで 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

3日 九州や四国で非常に激しい雨も 活発な雨雲 夜は関東周辺まで

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


きょう3日は梅雨前線の影響で再び広く雨に。九州や四国では非常に激しい雨の降る所があり、活発な雨雲は夜にかけて東へ広がる。

各地の天気 雨の強まる時間帯など

きのう、いったん南へ離れた梅雨前線は再び北上。西日本から東日本へ近づきます。さらに、雨雲を発達させる湿った空気が続々と流れ込みます。

【各地の天気(西から)】

沖縄は雨が次第にやみ、雲の間から日が差すでしょう。

九州はすでに雨の降っている所が多く、「昼過ぎから」は傘があっても濡れてしまうほど激しく降るおそれがあります。特に南部では、道路が一気に冠水するほどの「非常に激しい雨」の降る所があるでしょう。

中国と四国は、広く雨となるのは昼頃から。そして「午後3時頃から」雨脚が強まり、四国では局地的に「非常に激しく」降るでしょう。

近畿と東海、北陸も昼頃から雨の範囲が広がってきます。「夜の帰宅時間帯」から、太平洋側を中心に雨脚が強まり、激しく降る所があるでしょう。

関東は午後3時頃から次第に雨で、時間が遅くなるほど降り方が強まります。「日付の替わる頃」からは局地的に激しく降るでしょう。

東北と北海道は、きのうとは一転して広く晴れそうです。

なお、九州から関東にかけては、「あす4日の昼頃」にかけても活発な雨雲がかかり、雨の量が多くなるでしょう。

予想される雨の量 災害の危険性の高まる所も

あす4日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、九州南部と四国で250ミリ、九州北部と近畿で180ミリ、東海で150ミリ、関東甲信で100ミリ。その後も、4日昼頃までをピークに断続的に雨が降り、5日午前6時までの24時間に九州から関東にかけての多い所で100ミリから200ミリの雨が予想されています。

九州をはじめ、これまでの大雨で地盤の緩んでいる所があり、今後の雨でさらに土砂災害が発生しやすくなることが考えられます。また、道路が冠水したり、低い土地が浸水するおそれがあり、川の増水や氾濫にも警戒が必要です。ご自宅の周辺で、どのような災害のリスクがあるか改めて確認し、いざという時への備えをしておくと安心です。避難所まで移動することが却って危険な場合には、近隣の知人等に頼ったり、ご自宅の中の崖や川から離れたできるだけ高い所で安全を確保することも視野に入れ、慎重な判断をなさってください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい