16日 九州や伊豆諸島で大雨 土砂災害などに要警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

16日 九州や伊豆諸島で大雨 土砂災害などに要警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょう16日は、九州は昼過ぎにかけて、伊豆諸島は夕方から夜にかけて、雷を伴った非常に激しい雨が降る所がある見込み。大雨や土砂災害、低地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意を。

きょうの天気 九州や伊豆諸島で大雨のおそれ

きょう16日(土)は、九州付近から本州の南には前線が伸びていて、前線に向かって南から湿った空気が次々に流れ込んでいます。この影響で、前線の活動が活発になっていて、特に九州・鹿児島県内や宮崎県内では、1時間に50ミリを超える、傘が全く役に立たないくらいの非常に激しい雨の降っている所があります。九州では、このあと昼頃にかけて、大雨に警戒するとともに、大雨に起因する土砂災害や低い土地への浸水、河川の増水に警戒や注意が必要です。また、この雨のエリアは関東にかけての広範囲に広がって、伊豆諸島では夕方から夜にかけての雨の降り方に注意をなさってください。

【各地の天気】

沖縄は、雲が多く昼頃から雷を伴った雨の降る所があるでしょう。南よりの風がやや強くなる所があり、北上中の台風1号からウネリが入り始める所がありそうです。先島諸島では、あす(17日)には波が高くなるため、高波に注意が必要です。

九州は雨が降りやすい一日で、特に昼頃にかけて大雨のおそれがあります。あす朝6時までの予想降水量は、いずれも多い所で、奄美地方を除く鹿児島県で200ミリ、宮崎県で180ミリ、熊本県で150ミリ、大分県で100ミリ、福岡県、長崎県で80ミリ、佐賀県で60ミリです。地元気象台から発表される警報や注意報、気象情報にも、ご注意下さい。四国や中国地方と近畿地方も、夕方にかけては雨の所が多いでしょう。カミナリを伴う所や激しい雨の降る所がある見込みです。東海と関東甲信も夕方にかけて雨が降るでしょう。伊豆諸島では雨で、夕方から夜にかけて非常に激しい雨の降る所や雷の鳴る所がある見込みです。北陸も昼頃にかけて前線や低気圧による雨の所があり、夜は、日本海の低気圧の影響で雨の降る所があるでしょう。東北と北海道は、日中は晴れ間がある曇り空ですが、日本海から近づく低気圧の影響で、夕方から夜は雨が降るでしょう。宮城県や福島県では、南海上の低気圧や前線に伴う雨雲が、昼過ぎからかかることがありそうです。

きょうの気温 平年より低い所が多い ひと月前の所も

きょう16日(土)の最高気温は、北海道から東北は、平年並みか高いでしょう。日中雲が多いわりには過ごしやすい所が多くなりそうです。関東から東海、近畿、北陸にかけては、平年並みか低い所がほとんどです。今週は真夏日や夏日が続きましたが、この暑さは、ひと休みです。きのう15日(金)に比べて、東京都心は6度くらい低く、山梨県や長野県では10度くらい下回る所があるでしょう。大阪でも5度前後低くなりそうです。中国、四国や九州は、きのうと同じくらいの所が多く、25度の夏日になる所があります。前線の南側にあたる、鹿児島県奄美地方や沖縄でも、きのうに続き30度前後になりそうです。屋外作業の方ばかりでなく、屋内にいる方も熱中症に、ご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい