15日 南北に長い日本列島 服装選びに大きな差 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

15日 南北に長い日本列島 服装選びに大きな差

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう(15日)は広い範囲で晴れて、関東から西では快適な陽気。一方、寒気が流れ込んでヒンヤリするのは、北陸や東北、北海道です。ちょうど良い服装は半袖から厚手の上着や冬物のセーターまで、大きな差が出そうです。

広い範囲で晴れるが 日本海側中心に所々で雨

きょう(15日)は低気圧や前線が東へ離れて、次第に大陸から張り出す高気圧に覆われます。
太平洋側は晴れて、暖かい日差しが届くでしょう。ただ、東海や関東甲信は雲が多く、所々で雨が降りそうです。台風被害の大きかった地域では、河川の増水・氾濫、土砂災害に警戒が必要です。日本海側は昼頃までに雨はやみますが、雲が多くスッキリしない天気が続きそうです。

関東は肌寒さ解消 北海道はかろうじて2ケタ

同じように日差しが出ても、大きな違いが出るのは気温です。体感には差がありますが、服装選びの参考になさって下さい。
最高気温は、沖縄や九州から近畿では25度前後と、日中は【半袖】【長袖のシャツ一枚】で過ごせるでしょう。東海と関東甲信は平年並みか高く、昼間は【長袖のシャツ一枚】、朝晩は【羽織るもの】があると良さそうです。関東はきのうの日中に比べると大幅に高く、肌寒さは解消されます。北陸や東北、北海道は寒気が流れ込むため、晩秋のヒンヤリした空気です。北海道は昼間でも10度を少し超えるくらいでしょう。北陸や東北は【上着】、北海道は【冬物のセーター】などを着てちょうど良いかもしれません。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい