梅雨前線の活動が活発化 災害につながる大雨の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

梅雨前線の活動が活発化 災害につながる大雨の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


梅雨前線が西日本から東日本へ延び、活動が活発に。きょうは、ほぼ全国で雨で、夕方以降は広範囲で雨脚が強まってきます。あす日曜日から火曜日頃にかけて同じような所で激しく降り、災害に直結するような大雨となる恐れがあります。

九州~東海と北陸 夕方以降は広範囲で雨強まる 早めの大雨対策を

梅雨前線が西日本から東日本に延びます。南から暖かく湿った空気が続々と流れ込み、前線の活動が活発になるでしょう。
きょう29日(土)の朝は、まだ雨の所は少ないですが、昼頃からは九州から東北にかけて雨の範囲が広がりそうです。夕方以降は降り方が強まってくるでしょう。特に、「九州から東海、北陸」にかけては、所々でカミナリを伴って激しく降りそうです。道路が冠水するなど、交通に影響が出ることも考えられます。落雷や突風にも注意が必要です。
雨のピークは、あす30日(日)となりそうです。「九州から東海、北陸」にかけて、1時間50ミリ以上と、滝のような非常に激しい雨の降る所があるでしょう。1日(月)から2日(火)頃にかけても、梅雨前線が停滞するため、同じような所に断続的に発達した雨雲がかかり、総雨量が多くなりそうです。

予想される24時間降水量

きょう29日午前6時からあす30日午前6時まで、多い所で100ミリ~200ミリの雨が予想されています。その後、30日午前6時から1日午前6時にかけて、さらに100ミリ~400ミリもの雨の降る所があるでしょう。
この時期のひと月分に匹敵、あるいは上回るような大雨が一気に降る所もあり、2日頃にかけてさらに雨の量が増えそうです。
崖崩れや川の氾濫といった、災害が発生する恐れがあります。崖や川の付近など、災害の危険性の高い地域にお住いの方は、いざという時に備え、持ち出し品や避難場所、避難経路の確認など、大雨への備えをなさってください。雨が本格的に強まる前、きょう29日の日中のうちに済ませておくと安心です。
最新の気象情報や、自治体からの避難に関する情報を十分に確認し、早め、かつ慎重な行動を心掛けてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい